忍者ブログ
晴れた朝も、雨の夜も
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高校の頃の同級生に『月刊ムー』を定期購読している友達がいた。
その頃は、たいした違和感も持たずに、同じように借りて読んだ。
世界は、歴史の教科書に綴られるものと、闇に秘されるものがあり、真実は時の彼方だ。
吸収のよい高校生の頃の自分の脳は、素直に、どちらも受け入れた。
その頃の記憶を呼び覚ます本に、今頃になって、出会った。
それが『ダヴィンチ・コード』だ。
単行本の時から読んでみたかったんだけど、ぐっと我慢して、文庫本になるのを待って買いました。
ダヴィンチの謎に関しては、色々取り上げられることも多かったので楽しみだったんだけど、どちらかと言えば、ダヴィンチの謎というよりは、イエスの謎、キリスト教の謎と言ったところかな。
シオン修道会、フリーメーソン、聖杯、マグダラのマリア。
かつて読んだことのある記憶が、そうそうと、知識をひけらかすように蘇る。
主人公達は突然乗せられたジェットコースターのよな状況の中で、歴史の謎と、現実の謎に迫っていく。
映画化される前から、ハリウッド映画のような、劇場的な物語で、面白くて最後まで読み進んでしまう。
話として、展開が面白いし、ぐいぐい引き込まれるんだけど、キリスト教信者の少ない、話としての知識の土壌が薄い、日本人としては、どうなんだろうと、一抹作者でも販売主でもないのにしょうもない考えも浮かばないでもなかったけど。
映画は、まだ見てないけど、また見てみたいな。自分の中に出来上がってしまった、イメージとトム・ハンクスが一致しないんだけどね・・・(他のキャストをまだ良く知ってないし( ̄□ ̄;))



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新記事
(09/11)
(08/17)
(08/15)
(07/30)
(07/03)
最新TB
プロフィール
HN:
慈雨
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析

忍者ブログ[PR]