忍者ブログ
晴れた朝も、雨の夜も
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一度読むと、最後まで読まずにいられない。
とかって、本を読むときよく薦める言葉のような気がするけど、まさにその言葉にふさわしい本ではなかろうか。

金庸『しゃちょうえいゆうでん』
全5巻なんだけど、長さを感じさせない面白さ。
登場人物も多くて、それが、絡み合い、どんどん進化していく。
読み始めた時からは想像できない話の展開に、巻き込まれて読み続けずにはいられない。
しかも、気づけば、じじいばかりがどんどん増えてくる。これがまた、癖のある、厄介なじじいばかりで、人間歳をとったからと言って決して善人になるわけでも、丸くなるわけでもなく、どうしようもなく自分になるばかり。
人は人と関わらずには生きてはいけないけれど、それは、悲しくて、辛くて、どうしようもなく厄介で、迷わずに生きることは難しい。
素晴らしい出会いもあれば、切りたくても切れない縁もあり、網の目のように、人間関係の糸は複雑に絡み合い、放り出したくなるようなこともある。
人間って、本当にどうしようもない。
すごく嫌な奴も、どうしようもない悪人もいて、最後まで読んだからって、全然改心もしなければ、最後まで全然嫌なやつのままで、それでも、読み終わったら、人間って面白いと、思ってしまう。
人間って哀しいわね、でも、じじいも悪くないわね。
なんて、読み終わった後におもってしまうけど、主人公は、純朴でまっすぐな少年です。
そして、決してじじいの話ではなく、この主人公と、可愛くて可憐で、すこしずる賢い素敵な少女の恋愛の話です。(果たして本当にこの説明が正しいのか??)
矛盾もいっぱいあるけれど、本当に面白いお話です。
どうせ、人間なんて矛盾な生き物なんだしね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
最新記事
(09/11)
(08/17)
(08/15)
(07/30)
(07/03)
最新TB
プロフィール
HN:
慈雨
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析

忍者ブログ[PR]